1. TOP
  2. アプリ開発

アプリ開発

World Wideな開発スタイル

2007年のiPhoneの登場以来、AppleのApp Store、GoogleのGoogle Playへ陳列されるアプリの開発を手がけております。弊社では最新の開発環境と、新しい技術をいち早くお客様のアプリに反映させたいと、2010年よりアメリカに営業所を作り、2016年からはサンフランシスコにアメリカの開発部門があります。日本の開発部門は熊本菊池市の事務所で行なっております。

私たち菊池市の開発部門では企画、開発を担当する部門で、デザイン・テストはサンフランシスコを始め世界各地の協力スタッフまたは協力会社と一緒に開発を行なっています。年に一度はアメリカでミーティングを兼ねて泊まりこみの合宿を行います。

App Store(Apple)

弊社のパソコンの70%はApple社製を使っています。iPhoneからiPad、それからMacで動くソフトを開発しています。

お客様からご依頼されてお客様のアプリに組み込むアプリの部品や、お客様のお名前でリリースするアプリなどを含めると現在10本くらいの開発経験を要しております。

弊社の開発スタイルは、長く作り続けれるアプリをコツコツ大きくして行く。と言った開発がモットーです。

Google Play(Google)

Android用のアプリも、iPhoneと同時に進めております。日本の開発者は社長の古田一人ですので、Apple用を作った後にAndroid用を作成します。最近ではUnity等での開発も進めているのですが、Javaでまだ書いております。

アプリの開発は2007年にスタートしたOracleのデータベースを使った会員管理システムがきっかけで、自社開発するようになりました。

 

最近では、スマホのアプリとWEB開発を合わせた案件が多くなってきました。自社アプリを作って、営業マンとしてお使いいただくような使い方も、会員制アプリを作ってお得な情報を会員さんのお届けするアプリも楽しいと思います。お気軽にお問い合わせ下さい。

iPhone、iPad、App Storeは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。 Android、Google Playは、米国および他の国々で登録されたGoogle inc.の商標です。