1. TOP
  2. お知らせ
  3. 震災関連無料復旧から学ぶデータの重要性

震災関連無料復旧から学ぶデータの重要性

東北関東大震災 緊急措置 無料復旧

復旧を終えて。

2011年3月以降30件近い復旧のご依頼が弊社に到着しました。どのパソコンも震災の大きさを物語るものばかりでした。塩水に浸かったもの、ノートのヒンジやディスプレイ部分が大破したもの。台風時を思い出さずにはいられませんでした。

会計や、在庫はもう一度勘定しなおせば何とかなる場合もありますが、お写真等の時を記憶しているデータは本当にもう一度撮ることも出来ませんので、復旧出来たお客様におかれては幸いでした。

しかし、残念にも復旧出来なかったお客様もいらっしゃいます。命があればもう一度撮ることが出来ます。私事で恐縮ですが、私もその時は途方に暮れましたが、考え方一つです。

特に感じたことはクラウド等を利用して壊れない所にデータを置くことの重要性でした。私どもも皆さんのデータを救出しながら、前年から進めていたクラウド化を進めて参りました。また3月以降「GoogleApps等のクラウドにデータを置きたいがセキュリティーは大丈夫ですか?」と言うご質問も多数頂きました。ケースバイケースだと思いますが今後災害に備えたデータの管理はどの業界でも急ピッチで進んでいくと思います。私どももお客様のデータをどのように保存して行くか一緒に検討しております。今回の震災で意識が高まったことは否めません。データは個人、法人を問わず「大切な資産」であると言う認識を再確認しました。

今回「無料の復旧」を9月30日お申込分を持って終了させて頂きました。

ご依頼された方々の心の復旧をお祈り申し上げます。

株式会社サンデーファーム
社員一同