1. TOP
  2. Google Apps
  3. Google Enterprise Day 2010 Tokyoに参加して…

Google Enterprise Day 2010 Tokyoに参加して…

Google Enterprise Day 2010 Tokyoに参加して
開催日: 2010年10月28日(木)

Googleにて今回は初めてGoogle Enterprise Dayに参加したのですが、とてもワクワクしました。各セッションもとても興味深い内容でしたが、参加なさっている協賛の各社の皆さんのブースを回ったときにいろんなお話をお聞きできたのが幸いでした。

開場がグランドハイアットと言うことで六本木ヒルズの隣の高級ホテルさらにはランチボックス付きと言う豪華さ。品川プリンスに宿を取っていたのですが、当日はあいにくの雨。恵比寿まで山手線でいってタクシーでホテルに向かいました。

Google本社からの方々のセッションの前に日本の方のお話が、その先生の話が楽しくて、思わず拍手をしたくなりました。その後本社からいらした方々のセッション。イヤホンはしない方が聞きやすかったので夕方までじっくり聞かせてもらいました。

時代の流れがそこまで来たなと思いました。3月に行ったテキサスで聴いていた状況ととてもマッチしていたので、おそらく来年はスマートフォンの年になるのだと実感しました。そして何よりGoogleの方針が世界のクラウドを変えて行くのだなと思いましたが、そう思って聴いているのは僕だけだったのでしょうか(^^;)

午後からはブースを回って実際に開発されている方がの話をお聞きしました。確かにAppsが6000円/年なので、提供されているオプションも非常に安価で、おそらく開発費は出てないなと思いましたが、日本の場合ひとたび火がつくとかなりの収益を生みそうだと思い、僕たちが開発するAPIを利用したクラウド型ソフトもまんざら流れに乗っていないわけではないと思いはしましたが、さて利益が出るまでの研究開発を何しろ急ピッチで進めねばと追い立てられるような思いがしました。

翌日パートナーのみのセミナーにも参加して熊本に帰ったのですが、何しろ今回のセミナーで一番印象に残った事は、来年から始まるスマートフォンの急激な伸びをどうお客様に提案していくかと言うことでした。

時代の流れを説明するのは非常に根気が必要ですが、今回思ったことは「時代の流れスマートフォン」を実際に自分で使って仕事をさばいていく様を見ていただくことで気付いていただきたいと思いました。古田