1. TOP
  2. Apple
  3. KeePassX for Mac

KeePassX for Mac

ここからはMac(intel)でKeePassファイルを扱うときに使うのがこのKeePassXです。

インストールはおそらくWindowsの3分の1の労力だと思います。

左のアイコンをクリックして最終バージョンのKeePassX 0.4.3をダウンロードして下さい。

ダウンロードが終われば、それをダブルクリックしてマウントするとこのようなフォルダが開くと思いますので、中のアイコンをドラッグしてアプリケーションフォルダに入れて頂ければ完了です。

私はMac OS X 10.7.4で使っております。

そして最後はDropboxのフォルダの中にKeePassXで作ったファイルを入れて終了です。終了しましたら、早速ファイルを開いて何か修正を加えて見て下さい。そして一旦終了して、今度はWindowsで開いて見て下さい。

これでMacでもWindowsでもKeePassとDropboxを介してパスワードの管理が統一できました。ネットにパスワードファイルを置くことに消極的な方も多いかと思いますが、一度使ったら元には戻れません。iPhoneやAndroidとも連携すれば、パスワードを頭の中に入れておかなくても良くなることのストレスから解放されます。そしてなによりパスワードをランダムに作成することで安全になります。

 

iPhone、iPad、Macは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
Windowsは、米国および他の国々で登録されたMicrosoft Corporation.の商標です。
Androidは、米国および他の国々で登録されたGoogle inc.の商標です。
Dropboxは、米国および他の国々で登録されたDropbox, Inc.の商標です。