1. TOP
  2. Apple
  3. MiniKeePass for iPhone

MiniKeePass for iPhone

iPhone・iPad用はMiniKeePassをオススメしたいと思います。AppleStoreの評価もとてもいいですし何しろ必要最低限の機能です。もちろんそれで十分かと思います。もちろん無料のアプリです。

僕の場合、メインはMacとWindowsのディスクトップなので、編集は大抵そちらで行うことが多いような気がします。またiPad用にもiPhone用のMiniKeePassを使っています。

さて、いつもの事ながらiPhone・iPadへのインストールは何と簡単なことかと書くたびに思います。

※今回のKeePassデータファイルの同期には、事前にDropboxをインストールする必要があります。今回の同期とはデスクトップで保存したものを読み出すと言う一方通行の同期です。

 

1-1. iPhoneホーム画面からAppStore探してをタップします。

1-2. 検索窓に keepass と入れ検索

1-3. 検索結果にMiniKeePassが出てくるので無料をタップしてインストール

1-4. ホーム画面にもどりアイコンを確認

 

以上で作業は終了です。「えぇ~呆気ない」 はい。そうなんです。呆気なく終わります。ただしがありまして、MacやWindowsで作成したファイルを読み出すためにはDropboxを使います。

【重要】ここからがポイントです。MiniKeePassで開くファイルはDoropboxから開きます。パスワードファイルは皆さんWindowsで変更しても、Macで変更しても、全てファイルの同期の仲介をDropboxにやってもらおうと言うものです。Dropboxを使うことで「あっしまった消しちゃった」と言う様な間違いを各端末でやっても、DropboxのWebに行けばすぐに先ほどまでのファイルに戻してあげることが出来るからです。

iPhone、iPadのイメージとしてはこれがベターなファイルの開き方です。

一度この方法で開くとMiniKeePass側にキャッシュが出来ます。そのキャッシュをタップしても開きますが、デスクトップに保存している最新のものではありません。開くときには一旦Dropbox側から開けば常に最新になります。

ここからがiPhoneでの開き方です。

 

2-1. Dropboxをタップしたらディスクトップと同期しているフォルダが見えます。

KeePassのデータファイルを保存しているフォルダを開きます。このデータフォルダは個人によって異なります。私の場合は「KeePass」としておりますので、チェックの箇所のフォルダをタップします。

 

 

 

 

 

 

 

2-2. こちらは2-1でフォルダを開いたところです。

これまた私の場合ですが「Massey.kdb」がお目当てのデータベースファイルになりますので、それをタップして開きます。

 

 

 

 

 

 

 

2-3. はい結果は見ての通り「ファイルを表示できません。」の表示が…

大丈夫です(笑)

今度は、右下のチェックの印を入れているところをタップして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

2-4. はい。出て来ました。ファイルの拡張子を見て開くソフトを選んで来てくれます。

ただし、パスワードファイルはEvernoteでは開けませんので(笑)、MiniKeePassで開いて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

2-5. はい。いつものMiniKeePassのPIN入力画面が出て来ましたか?

もちろんPINを入力して次に進んで下さい。

先ほどMacやWindowsで修正したり追加したりした、パスワードを見る事が出来ると思います。

このMiniKeePassは無料のソフトですが非常にトラブルが少なく、必要最低限の仕事をやってくれます。

今回のiPhoneへの同期は完了しました。後は皆様ご自由に複雑なパスワードを作って下さい。

私事で恐縮ですが、このソフトに入れる前はなんとお粗末なパスワードだったこと、最近はなるべく頑丈なパスワードを設定するようにしております。

またこの設定は、ディスクトップ側で設定したパスワードをiPhoneで見る片道通行です。現在いくつかの有料ソフトで完全同期を試しておりますが、果たしてiPhone側でパスワードを編集する必要があるのか?っと言う疑問に駆られて来ました。リサーチは行いますので結果がお知らせ出来る様になったらお伝えします。

現在のところ一方通行ではありますが、十分便利に使っております。